労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.1.22(木)開催「名ばかり管理職問題セミナー」のご案内 (終了しました)

2008.10.19
セミナー名ばかり

労務安全情報センター
「名ばかり管理職問題セミナー」

平成21年1月22日(木)
午後1時~午後4時00分
〔3時間コース〕受講料7,500円

場所:JR水道橋西口1分、東京学院教室
詳細案内(及びお申込)ページは http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/jikan-nabakari.html
セミナーの詳細案内は、下記URLにリーフレットが用意されています。
http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/20081009-002.pdf

スポンサーサイト
   Comment(0)   ↑Top

2009.1.22(木)開催「労働時間管理セミナー」のご案内 (終了しました)

2008.10.19
セミナー時間管理

労務安全情報センター
「労働時間管理セミナー」

平成21年1月22日(木)
午前9時~午後12時00分
〔3時間コース〕受講料7,500円

場所:JR水道橋西口1分、東京学院教室
詳細案内(及びお申込)ページは http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/jikan-nabakari.html

セミナーの詳細案内は、下記URLにリーフレットが用意されています。
http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/20081009-001.pdf


   Comment(0)   ↑Top

名ばかり管理職問題セミナーで使用の「管理監督者のQ&A」が好評でした

2008.10.15
 セミナー終了の報告と御礼 

労務安全情報センターの人事・労務管理セミナー
「名ばかり管理職問題」セミナーは、
平成20年10月9日(木)午後1時~午後4時00分〔受講料7,500円〕、JR水道橋西口-東京学院教室にて開催され、予定どおり、終了いたしました。
講師は、レーバー・スタンダード研究所 檜浦徳行氏、受講者は21名でした。
今回セミナーも大変好評のうちに終了することができました。
受講者アンケートで、多くの受講者の方から、「良い資料」だとして好評をいただきましたのが、「管理監督者のQ&A」です。
このQ&A集は、今回セミナーのために書き下ろされたオリジナルQ&A集であり、管理監督者問題だけに絞って33問(設問内容は下記参照)、「法解釈・判例、行政の動向」がQ&A形式によって理解できるようになっています。
”親しみやすく、読み物としても、それほど苦もなく通読もできる”との評もありました。
当面、セミナーでの限定配布となりますので、機会がございましたなら、セミナーへの参加をご検討ください。

末尾になりましたが、受講者の皆様、セミナー当日はありがとうございました。
御礼申し上げます。



2008.10.11
(以上、セミナーで司会を担当させて頂きました”井上”、記)



 なお、更に詳細記事が労務安全情報センターのサイト(下記)にあります。あわせてご覧ください。
 http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/houkoku-2_nabakari.html
nabakari.gif

労務安全情報センター
   Comment(0)   ↑Top

労働時間管理セミナーでは「本来業務以外の活動及び不活動時間」の労働時間性に関心が!

2008.10.15
セミナー終了の報告と御礼 (セミナーで司会しました”井上”です)

労務安全情報センターの人事・労務管理セミナー
「労働時間管理」セミナーは、
平成20年10月9日(木)午前9時~正午〔受講料7,500円〕、JR水道橋西口-東京学院教室にて開催され、予定どおり、終了いたしました。
講師は、レーバー・スタンダード研究所 檜浦徳行氏、受講者は17名でした。
今回、セミナーは、大変好評をいただきました。
なかでも、多くの受講者の方から、「問題の整理ができた」と、好評をいただきましたのが、「本務外の活動及び不活動時間の労働時間性について」です。
「労働時間とは?」という場合、 人事・労務担当者の疑問や悩みは、ストレートな業務遂行時間が問題ではなく、謂わば、”本来業務以外の活動や不活動時間”の取扱い問題に突き当ることが多いのではないでしょうか。
前記資料は、これら周辺労働時間を27項目にわたって整理し、労働時間を巡る日常対応を想定した取扱解釈を提示していますので、実務に役立つのでは、と思っています。
当面、セミナーでの限定配布となりますので、興味のある方は、セミナーへどうぞ!


末尾になりましたが、受講者の皆様、セミナー当日はありがとうございました。
御礼申し上げます。


2008.10.11
(セミナー司会担当”井上”記)



 なお、労務安全情報センターのサイトに、より詳細掲載(下記)があります。
 http://labor.tank.jp/seminar/zuiji/houkoku-1_jikankanri.html

jikan.gif

   Comment(2)   ↑Top

労務安全情報センターの提携セミナーご案内

2008.07.19
 トップページの「労務安全情報センターの提携セミナーご案内」について、デザイン変更や、セミナー科目の追加などしています。

レーバースタンダード研究所労務安全情報センターhttp://labor.tank.jp

seminar.gif

テーマ:サイトの情報更新 - ジャンル:ビジネス
   Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。