労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

2010年05月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働・SPOT情報&ニュース No197

2010.05.13
労働・SPOT情報&ニュース No197

■ 育児・介護休業法早わかり-色区分(文字)表示で過去3回の改正経緯を追うことができる特集ホームページのご案内

 いよいよ6月30日から,改正育児・介護休業法が施行されます。
 労務安全情報センターでは、「育児・介護休業制度早わかり」について、特集ページを設けました。
 ⇒ http://labor.tank.jp/kaigo.html 
 育児・介護休業法は、法制定時(育児休業は平成4.4.1 ,その後,介護休業を包含し制度化した平成11.4.1)をベースにすれば、その後、3回の主要改正が行われ
ています。
 それは、改正施行日で表記すると,(1)平成14.4.1、(2)平成17.4.1、そして今回の(3)平成22.6.30 の3回です。
 労務安全情報センターの「育児・介護休業制度早わかり〔H22.6.30現在〕」は、この過去3回の改正経緯を色区分(文字)の表示で追うことができます。
 改正経緯を追いながら、6月30日施行の改正個所の再確認などをなさる際に、ご活用ください。

[平成22.6.30施行改正法の要点]
1) 所定労働時間短縮措置(1日6時間)の義務化
2) 所定外労働の免除制度の義務化
3) 子の看護休暇の拡充(子が1人5日、2人以上10日)
4) 介護休暇の新設(対象家族が1人5日、2人以上10日)
5) 両親とも育児休業を取得する場合は、子が1歳2か月に達するまでの間に1年間が取れるようにする
6) 父親が出産後8週間以内に育児休業を取得した場合、無条件に再取得を認める
7) 配偶者が専業主婦(夫)でも育児休業の取得を認める
などです。なお、100人以下の事業主には、1),2),4)については、2年間適用が猶予されます。



■ 無災害事業所の割合 <62.9%>に
 平成21年労働災害動向調査の結果が明らかにされています。
 調査結果から、次の5点が最新データとして確認されました。

1) 度数率 1.62(前年1.75)
2) 強度率0.09(同 0.10)
3) 死傷者1人平均労働損失日数が56.9日(同54.6日)
4) なお,不休災害度数率は3.48(同 3.44)
3) 無災害事業所の割合は62.9%(同58.9%)

[コメント]
 労働災害が多くケガの程度も重い業種はと聞かれたとき、多くの人が思い浮かべるのが「製造業、建設業」ですが、最近、様子が違います。
 例えば、製造業。
 その度数率0.99・強度率0.08は、全産業平均よりはるかに低いのに対して、
 新・災害多発業種は、「生活関連サービス業,娯楽業(洗濯業、旅行業及びゴルフ場)」であり、度数率が、産業計平均の『2.2倍』
、強度率では『6.8倍』という状況が認められます。

 以上のような興味深い調査結果は、以下のURLから、直接確認することができます。(ぜひ、ご一読を)
 URL⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/09/index.html


■ 労働基準・労働条件に係る法改正情報について

1) 受動喫煙防止を事業者に義務化
 職場における受動喫煙防止対策に関する検討会も第7回を数え、現在「報告書案」をもとに最終審議に入っています。
 報告書案は、受動喫煙防止を「事業者に義務化」する方向です。一部報道では、「厚生労働省は労政審議会での審議を経た後、早ければ来年の通常国会に、受動喫煙防止を事業者に義務づける労働安全衛生法の改正案を出す方針」と報じています。

2) その他では、平成22.6.30改正育児介護休業法、平成22.7.1入管法改正に伴う技能実習生制度の改定などが予定されています。



■ご案内

○労務安全情報センターの提携セミナーご案内

・「安全衛生推進者初任時研修」は、6月22日コースを募集中です。
・「安全管理者選任時研修」は、7月12-13日コースを募集しています
 ⇒ http://labor.tank.jp/seminar/index.html


○労務安全情報センターの図書販売
 「新訂・労働基準の法律」(A5,435ページ,2650円)販売中(送料無料サービス中) 図書案内は下記URLから
 ⇒ http://labor.tank.jp/book/roudoukijyunnohouritu/index.html

 「必携・安全管理の基礎」(A5,102ページ,950円)販売中(送料無料サービス中) 図書案内は下記URLから
 ⇒ http://labor.tank.jp/book/anzenkanrinokiso/index.html


━━━━━━━━
労務安全情報センター
労働・SPOT情報&ニュース
No197
URL  http://labor.tank.jp/
━━━━━━━━
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。