労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

2012年06月の記事一覧

職能別賃金、職種別賃金の実態「2011年度調査結果と過去9年間の推移」

2012.06.10
 日本生産性本部が2011年度「能力 ・仕事別賃金実態調査」の集計結果を発表している。
 調査は、能力 (職能)や仕事 (職種)に着目した賃金相場の実態を調べた点にも特徴がある。調査結果のポイントは以下の通り。

 なお、調査結果の詳細は、以下のURLから直接参照することができる。

 ⇒ http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001344.html


調査結果のポイントから

1)能力 (資格等級)基準の賃金相場 (平均額)
  グラフで確認することができるように、平均額でみると、「部長相当」54.8 万円 (前年55.9万円)、「課長相当」42.2 万円 (同42.3 万円)、「係長 ・主任相当 Ⅰ」33.7 万円 (同33.7 万円)、「一般職Ⅲ (大卒初任)」20.6 万円 (同20.6 万円)となっている。
生産性本部職種別賃金調査2011
 ↑ クリックすると拡大表示します。


2)ホワイトカラーの仕事(職種)別賃金
  本調査では、
①営業 ・販売関連6職種
②システムエンジニア関連6職種
③事務企画関連6職種
の18職種(ホワイトカラー関連18職種)についての調査結果(2011年度調査)を過去9年間の結果とあわせ、掲載している。これは前記URLから直接、ご確認ください。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト

[第25回] 安全衛生推進者初任時研修-9月24日(金)コースを募集中です (終了)

2012.06.09
10人~49人の労働者を使用する事業場には、「安全衛生推進者」の選任義務があります

労務安全情報センター「安全衛生推進者初任時研修のご案内」
http://labor.tank.jp/seminar/suisinsya/syoninji01.html

現在、平成24年9月24日(金)コースを募集しています。
(会場は、JR水道橋至近)
img_1200865_35184560_0.jpg

「安全衛生推進者」初任時研修カリキュラム」

全一日
(全一日コースにて、計7時間指定の法定カリキュラムを実施します)
(午前8時45分受付開始となります。8:45~9:00 受付)
 
9:00~ 9:05 ガイダンス
9:05~12:15 安全衛生管理の進め方(休憩を含む) 
13:00~15:15 リスクアセスメント(休憩を含む)
15:15~16:15 安全教育(休憩10分) 
16:25~17:25 関係法令 
17:25~ 修了証交付等

■常時10人~49人の労働者を使用する事業場には、「安全衛生推進者」の選任義務があります。
■安全衛生推進者は、一定の産業安全の実務経験者(*1)の中から選任し、あわせて、その職務を適切に遂行するために、初任時(選任時)研修(*2)を実施することが必要です。(法第19条の2)

(*1) 次のいずれかに該当する方は、安全衛生推進者の資格を有するものとされています。
  ○大学、高専を卒業後1年以上の産業安全実務経験者
  ○高校卒業後3年以上の産業安全実務経験者
  ○5年以上の産業安全実務経験者
  ○安全衛生推進者養成講習の修了者
  したがって、事業主が、これらいずれかの要件を満たす者の中から,「安全衛生推進者」を選任します。

(*2) 「安全衛生推進者」初任時(選任時)研修は、事業主が(*1)に従って、実務経験を有する者の中から選任を済ませた後、おおむね3カ月程度内に実施するのが原則取扱いです (労働安全衛生法第19条の2)。


受講料は、10,890円 (テキスト代を含む)
労務安全情報センター
申込窓口は⇒http://labor.tank.jp/seminar/suisinsya/syoninji01.html


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


   Comment(1)   ↑Top

[第35回] 安全管理者選任時研修8月23-24日コースを募集中です (終了しました)

2012.06.09
[労務安全情報センター]
安全管理者選任時研修8月23-24日コースを募集中です (会場-JR水道橋至近)
安全管理者



案内リーフレット
(閲覧はこちらから→ http://labor.tank.jp/seminar/anzenkanrisya/kensyuu2.html


anzen.gif

安全管理者資格付与研修

労働安全衛生法第11条(安衛則第5条)にもとづく研修です


 平成17年10月26日成立の「労働安全衛生法」改正により、安全管理者の資格要件に「厚生労働大臣の定める研修の修了」が付加されました。
 実務的には、平成18年10月1日届出分から、監督署長に提出する「安全管理者選任報告」(様式3号)には、「安全管理者選任時研修修了証」の写しを添付することが必要になります。

 
 【日程】 
 (研修は2日間の日程となります)
 --------------------------------------------
 現在は、安全管理者選任時研修平成24年8月23-24日コースが募集中です。

 詳細及びお申込みは、次からどうぞ!
 → http://labor.tank.jp/seminar/anzenkanrisya/kensyuu2.html

 会場場所:千代田区三崎町3-6-15 東京学院教室(JR水道橋西口1分)

 受講料は、12,260円です

 【修了証】 修了者には修了証を交付します。
 --------------------------------------------


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
安全管理者選任時研修
labor100-75.jpg



「解雇、いじめ、労働条件引下げ等」の民事労働相談が過去最多に

2012.06.06
23個別相談件数
 ↑ クリックすると拡大表示します

 厚生労働省は、2012.5.29、「平成23年度の個別労働紛争解決制度施行状況」を取りまとめた公表した。

 労働相談の総数は前年度比1.8%減の約111万件。
 
 このうち、民事上の個別紛争相談は同3.8%(9,436件)増加し、過去最多の25万6343件に上った。
  民事上の相談項目の構成比率は
  (1) 解雇 18.9%
  (2) いじめ・嫌がらせ 15.1%
  (3) 労働条件の引下げ 12.1%の順となっている。

 労働局による紛争解決制度の利用状況は次のとおり。
 ○ 労働局長による助言・指導の申出も過去最多の9,590件(24.7%増)
 ○ 紛争調整委員会によるあっせん申請受理6,510件(1.9%増)

 詳細は下記URLから、直接確認できる。

 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002bko3.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.