労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

2013年01月の記事一覧

最新データで確認する生活保護制度のいま「214万人、156万世帯」

2013.01.19
厚生労働省社会・援護局が公表している平成24年9月集計「生活保護動向」。

○ 被保護実人員は2,133,905人、被保護世帯は1,557,546世帯、保護率は1.67%(人口百人当たり1.67人)となっている。

○ 以下は保護祖世帯概数
非保護世帯 1,550,580(100%)
高齢者世帯 675,238(43.5%)
母子世帯 114,311 (7.4%)
傷病者・障害者世帯計 475,389 (30.7%)
 ・障害者世帯 177,329 (11.4%)
 ・傷病者世帯 298,060 (19.2%)
その他の世帯 285,642 (18.4%)
 ・単身者世帯 188,812 (12.2%)
 ・2人以上の世帯 96,830( 6.2%)
24-09生活保護率
 ↑ クリックすると拡大します

[編注,コメント]

 戦後の推移を示したグラフを見ると、経済の好不況の影響は大ですね。
 保護費の引き下げが議論になっています。難しい問題ですが、(ここにはデータが載っていませんが)最低賃金額より保護費が手厚いというのは、少々困った話ではあります。方法は2つ。最賃額を引き上げるか保護費を引き下げるか。二者択一で行けるほど単純な話でないところが「なかなか」の問題です。

情報源
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002squ7-att/2r9852000002sqz7.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




スポンサーサイト

24年都道府県別賃金-「賃金が低かった都道府県のトップ3は?」

2013.01.14
 日本の代表的な賃金統計調査の一つ「厚生労働省の賃金構造基本統計調査」。
 平成24年都道府県別の1か月所定内賃金(残業、賞与含まず)の統計が出た。

 これによると、賃金が低かったのは

男子では
岩手県男子の251,100円
沖縄県男子の255,100円
青森県男子の255,600円

女子では
青森県女子の183,300円
佐賀県女子の189,500円
宮崎県女子の191,600円

であった。

 詳細は、下記URLから直接参照してください。
 → http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chingin_47sokuhou_a.html


 参照(前記発表資料から)
 24賃金構造・都道府県別
 ↑ クリックすると拡大表示できます


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



「潜水でナマコ漁中に死亡」、雇入れ時健診を実施しておくべきだった

2013.01.14
 [潜水業務でナマコ漁中に死亡]

 「青森労働基準監督署は2013.1.8、ナマコの採取などを行う潜水業者「ティーズインターナショナル」(青森市長島)と同社代表取締役の男(39)を労働安全衛生法違反の疑いで青森地検に書類送検したと発表した。
 発表によると、男性潜水作業員(当時46歳)を2011年12月に雇った際に、労働安全衛生法に基づく規則で定める健康診断を行わなかった疑い。男性は2012年1月11日、ナマコ漁の潜水作業中に虚血性心疾患で死亡した。」

 (以上の記事は、2013年1月9日付け読売新聞が報じました。)


[編注,コメント]

 労働安全衛生法第66条第2項を受けて、高気圧作業安全衛生規則第38条に「潜水業務に常時従事する労働者に対して、雇入れの際、配置替えの際、及び業務についた後6か月以内毎に一回、定期に健康診断を行わなければならない」(違反は6月以下の懲役等の罰則)と規定されている。

 雇入れ時には、本人がどういう健康状況かわからない訳であるから、事業者としても、雇入れ時健診は、リスク管理の面からも必須実施事項だが、小零細企業では、意外になおざりにされている。
 本事例でも、雇入れ時健診で、血圧、心電図などのチェックは必須だった。
 監督署も、死亡との関連性を考慮、「雇入れ時健診の未実施」容疑で書類送検に踏み切ったということだろう。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.