労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

2013年05月の記事一覧

昨年度の総合労働相談は106万7,210件、「いじめ・嫌がらせ」がトップに

2013.05.31
 厚生労働省は、平成25.5.31に「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況」を公表。
 その概要は、以下のとおり(図表も併せて参照してください。)

○ 平成24年度の相談、助言・指導、あっせんの概況

1 総合労働相談件数 106万 7,210 件(前年度比3.8% 減)

 ・うち民事上の個別労働紛争相談件数 25万 4,719 件( 同 0.6% 減)
 ・助言・指導申出件数 10,363 件( 同 8.1% 増)
 ・あっせん申請件数 6,047 件( 同 7.1% 減)

2 相談内容は『いじめ・嫌がらせ』がトップ

 ・総合労働相談件数は、5年連続で100万件を超えており、民事上の個別労働紛争に係る相談件数は、高止まりである。
 ・『いじめ・嫌がらせ』に関する相談は、増加傾向にあり、51,670件。民事上の個別労働紛争相談の中で最も多かった。

3 助言・指導申出件数が過去最多

 ・助言・指導申出件数は、制度施行以来増加傾向にあり、初めて1万件を超えた。
 ・あっせん申請件数はやや減少した。


平成24年総合労働相談
( ↑ クリックすると拡大表示します)

厚労省の発表資料は、以下のURLから直接参照できます。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000339uj.html


[編注、コメント]

 近年は、民事上の個別労働紛争相談の内訳において、「解雇」は減少、『いじめ・嫌がらせ』が増加傾向にあったが、昨年度はついに、『いじめ・嫌がらせ』が 51,670件(17.0%)でトップに。前年まで一番多かった『解雇』が 51,515件(16.9%)、『労働条件の引下げ』が 33,955件(11.2%)、退職勧奨25,838件(8.5%)となっている。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


スポンサーサイト

国連~日本の長時間労働・過労死発生の現状に懸念(勧告)

2013.05.27
 2013.5.24の日経速報ニュースが以下の記事を報じている。

 「日本は過労死対策を」 国連委員会が政府に初勧告

 「 人権を保障する多国間条約の履行状況を審査する国連の社会権規約委員会が日本政府に対し、長時間労働や過労死の実態に懸念を示したうえで、防止対策の強化を求める勧告をしていたことが23日、分かった。

 外務省によると、国連の関連委員会が過労死問題に踏み込んだ勧告を日本に出すのは初めて。
 法的拘束力はないが、対策の実施状況について定期的な報告を求められる。
 
 勧告は17日付。「多くの労働者が非常に長時間の労働に従事し、過労死が発生し続けている」と指摘し、「長時間労働を防ぐ措置を強化し、労働時間の制限に従わない事業者らに対し予防効果のある制裁を適用する」よう強く求めている。

 勧告について厚生労働省は「尊重する義務がある。内容をよく確認したい」(国際課)としている。」(日経2013.5.24)


[編注、コメント]

 外から見ても、普通ではないのだろう、。
 改善が進まない~のは、なぜ?



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



トラック死亡事故の背景に「1か月179時間もの残業時間」

2013.05.15
 千葉県の船橋労働基準監督署は2013.4.18、引っ越し大手「アートコーポレーション」の千葉支店長(33)が、運転手5人に労使協定の上限を超える時間外労働をさせたとして、支店長と会社の双方を、検察庁へ書類送検した(労働基準法違反容疑)。書類送検されたのは、大阪府大東市に本社のある「アートコーポレーション」と、同社千葉支店(千葉県習志野市)の男性支店長(33)。

 同署によると、昨年4月、同支店の作業員男性(41)が千葉県八千代市内で作業中、同社のトラックにひかれて死亡し、従業員の勤務実態を調べていた。

 送検容疑は、昨年3月1日~4月30日、同支店の別の運転手5人に、労使協定で1日8時間、1カ月当たり45時間と定めていた残業時間を101~179時間超えて、働かせた疑い。支店長は「3月と4月は引っ越しシーズンで繁忙だった」と容疑を認めている。

(情報源:共同通信、産経新聞ほか)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



「開催まであと1か月」~安全衛生推進者講習平成25年6月14日(金)全一日コースで募集中!(終了)

2013.05.08
平成25年6月14日(金)一日コースで募集中!
10人~49人の労働者を使用する事業場には、「安全衛生推進者」の選任義務があります

労務安全情報センター「安全衛生推進者初任時研修のご案内」
http://labor.tank.jp/seminar/suisinsya/syoninji01.html

現在、平成25年6月14日(金)コースを募集しています。
(会場は、JR水道橋至近)
img_1200865_35184560_0.jpg

「安全衛生推進者」初任時研修カリキュラム」

全一日
(全一日コースにて、計7時間指定の法定カリキュラムを実施します)
(午前8時45分受付開始となります。8:45~9:00 受付)
 
9:00~ 9:05 ガイダンス
9:05~12:15 安全衛生管理の進め方(休憩を含む) 
13:00~15:15 リスクアセスメント(休憩を含む)
15:15~16:15 安全教育(休憩10分) 
16:25~17:25 関係法令 
17:25~ 修了証交付等

■常時10人~49人の労働者を使用する事業場には、「安全衛生推進者」の選任義務があります。
■安全衛生推進者は、一定の産業安全の実務経験者(*1)の中から選任し、あわせて、その職務を適切に遂行するために、初任時(選任時)研修(*2)を実施することが必要です。(法第19条の2)

(*1) 次のいずれかに該当する方は、安全衛生推進者の資格を有するものとされています。
  ○大学、高専を卒業後1年以上の産業安全実務経験者
  ○高校卒業後3年以上の産業安全実務経験者
  ○5年以上の産業安全実務経験者
  ○安全衛生推進者養成講習の修了者
  したがって、事業主が、これらいずれかの要件を満たす者の中から,「安全衛生推進者」を選任します。

(*2) 「安全衛生推進者」初任時(選任時)研修は、事業主が(*1)に従って、実務経験を有する者の中から選任を済ませた後、おおむね3カ月程度内に実施するのが原則取扱いです (労働安全衛生法第19条の2)。


受講料は、10,890円 (テキスト代を含む)
労務安全情報センター
申込窓口は⇒http://labor.tank.jp/seminar/suisinsya/syoninji01.html


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
   Comment(0)   ↑Top

[第38回] 安全管理者選任時研修平成25年8月1-2日コースを募集中です (終了しました)

2013.05.08
[労務安全情報センター]
安全管理者選任時研修8月1-2日コースを募集中です (会場-JR水道橋至近)
安全管理者



案内リーフレット
(閲覧はこちらから→ http://labor.tank.jp/seminar/anzenkanrisya/kensyuu2.html


anzen.gif

安全管理者資格付与研修

労働安全衛生法第11条(安衛則第5条)にもとづく研修です


 平成17年10月26日成立の「労働安全衛生法」改正により、安全管理者の資格要件に「厚生労働大臣の定める研修の修了」が付加されました。
 実務的には、平成18年10月1日届出分から、監督署長に提出する「安全管理者選任報告」(様式3号)には、「安全管理者選任時研修修了証」の写しを添付することが必要になります。

 
 【日程】 
 (研修は2日間の日程となります)
 --------------------------------------------
 現在は、安全管理者選任時研修平成25年8月1-2日コースが募集中です。

 詳細及びお申込みは、次からどうぞ!
 → http://labor.tank.jp/seminar/anzenkanrisya/kensyuu2.html

 会場場所:千代田区三崎町3-6-15 東京学院教室(JR水道橋西口1分)

 受講料は、12,470円です

 【修了証】 修了者には修了証を交付します。
 --------------------------------------------


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
安全管理者選任時研修
labor100-75.jpg



Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.