労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

2018年01月の記事一覧

中学部活動は1日2−3時間、週休2日に(指針案)

2018.01.18
中学部活動
1日2−3時間
週休2日に


  運動部活動に関するガイドライン(指針)を検討するスポーツ庁の有識者会議は16日、中学校の運動部の活動時間について、平日は2時間、土日は3時間以内とし、週2日以上の休養日を設ける指針案を公表した。
  短時間で効率的な練習を促すことで生徒のけがを予防し、勉学など部活以外の機会を確保する。
  あわせて、顧問教員の負担も減らす。
  3月に正式な指針をまとめる。

運動部活動ガイドラインの骨子の概要
 (2018年1月16日毎日新聞記事から引用)
・休養日は週2日以上で、平日は1日以上、土日で1日以上
・夏休みなど長期休業中は部活動も長期の休養日を設ける
・1日の活動時間は平日2時間、休日3時間程度
・科学的トレーニングを導入し、短期間で効果が得られる活動にする
・スポーツクラブなどと連携し、地域のスポーツ環境整備を進める
・大会の統廃合を進め、学校が参加する大会数の上限を定める


 [編注、コメント]

  部活動は教員の長時間勤務の一因にもなっており、ガイドラインの設定は、必然の流れ。
  骨子案は、中学の一般生徒には無理のない線のように思えるが、「球技」などテクニックマスターには直感的にこの時間では習得困難に思えるところが悩ましい。
 


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.