fc2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

昨年度の総合労働相談は106万7,210件、「いじめ・嫌がらせ」がトップに

2013.05.31
 厚生労働省は、平成25.5.31に「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況」を公表。
 その概要は、以下のとおり(図表も併せて参照してください。)

○ 平成24年度の相談、助言・指導、あっせんの概況

1 総合労働相談件数 106万 7,210 件(前年度比3.8% 減)

 ・うち民事上の個別労働紛争相談件数 25万 4,719 件( 同 0.6% 減)
 ・助言・指導申出件数 10,363 件( 同 8.1% 増)
 ・あっせん申請件数 6,047 件( 同 7.1% 減)

2 相談内容は『いじめ・嫌がらせ』がトップ

 ・総合労働相談件数は、5年連続で100万件を超えており、民事上の個別労働紛争に係る相談件数は、高止まりである。
 ・『いじめ・嫌がらせ』に関する相談は、増加傾向にあり、51,670件。民事上の個別労働紛争相談の中で最も多かった。

3 助言・指導申出件数が過去最多

 ・助言・指導申出件数は、制度施行以来増加傾向にあり、初めて1万件を超えた。
 ・あっせん申請件数はやや減少した。


平成24年総合労働相談
( ↑ クリックすると拡大表示します)

厚労省の発表資料は、以下のURLから直接参照できます。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000339uj.html


[編注、コメント]

 近年は、民事上の個別労働紛争相談の内訳において、「解雇」は減少、『いじめ・嫌がらせ』が増加傾向にあったが、昨年度はついに、『いじめ・嫌がらせ』が 51,670件(17.0%)でトップに。前年まで一番多かった『解雇』が 51,515件(16.9%)、『労働条件の引下げ』が 33,955件(11.2%)、退職勧奨25,838件(8.5%)となっている。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト



Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.