労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR福知山線脱線事故2015.3.27大阪高裁「JR西3社長に無罪判決」

2015.04.29
 JR福知山線脱線事故
 2005年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された(一審無罪)JR西日本の歴代3社長に対して、2015.3.27大阪高裁判決があり、二審も無罪となった。
 福知山線救出
 ( ↑ 脱線事故現場における救出活動)

 判決理由の要旨は次のとおり

1 「多数存在する同様のカーブでも、数多くの列車が基本的に安全を維持しながら走行していた」
2 速度超過による脱線事故の可能性予見するのは困難(運転士が制限速度を45キロ上回る時速約115キロで現場カーブに進入した点について「このような異常な運転に及ぶことを予見することは相当困難」と指摘。)で、ATMを設置する注意義務はない。



 [編注、コメント]

 業務上過失致死傷罪(刑法)で、現場の実行行為者でない経営責任者等の管理責任を問うことの難しさに尽きる!
 各新聞が取り上げているように、「結果の重大性を考慮しない判決」といえばその通りなのだが、法人責任、経営トップの責任を問うにはそれにふさわしい法整備が必要だろう。立法技術的には如何様にもできる問題だけに、そうすべきだとする「世論」が、盛り上がっていくかどうかだ。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/502-e18e1c6e
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。