FC2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

「改善報告に虚偽記載」を疑われて →強制捜査・違反発覚

2015.12.28
「改善報告に虚偽記載」を疑われて
→強制捜査・違反発覚
運送業者を送検



 (労働新聞2015.12.28記事から)

 「一関労働基準監督署は、36協定で定めた時間を超えた時間外労働をさせた道路貨物運送業の(株)ヤマキ産業運送(岩手県一関市)ならびに同社代表取締役と同社取締役の計1法人2人を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで盛岡地検一関支部に書類送検した。

 同社トラック運転者に1カ月当たり最大156時間の時間外労働をさせていた。

 行政指導後の改善報告に虚偽の記載をした疑いから強制捜査に踏み切り、法違反が明らかになっている。(情報源「労働新聞181号」2015.12.28記事から)」



 [編注、コメント]

 行政指導後の改善報告に虚偽の記載をした疑いから、「強制捜査」!! という経過を辿った点が珍しい。

 隠しおおせない場合、「虚偽記載」は賢明な選択とは言えない(ということは理解して置いた方が良いのだが、、、)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/538-da32d77b
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.