FC2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

IBMのC評価解雇は「解雇権濫用」、一方、ロックアウト是認(東京地裁)

2016.04.02
IBMのC評価解雇は「解雇権濫用」
一方、ロックアウト是認
(東京地裁)


 日本IBM正社員として働いていた4都県の43~59歳の男女5人は、2012年7月~2013年6月に、1~2週間後の解雇を通告され、出社を禁じられた。
 その際自主退職すれば退職金を増やすと提案されたが拒否し、解雇された。

 東京地裁は2016.3.28、5人の解雇は権利の乱用で無効とする判決を出した。
 判決では、5人に一定の業績不良や問題行動があったと認める一方、「適性のある業種に配転したり、解雇の可能性を伝えて業績改善の機会を与えたりせずに解雇した」と指摘。同社が根拠とした評価方式については「あくまで相対評価で、低評価が続いても、解雇に足る業績不良と認められるわけではない」と判示。解雇は無効だと結論づけた。

 ※※※ 原告側によると、同社では社員の評価をABCの3段階の相対評価で実施しており、Cの評価が付けられると年収が15%カットされるという。Cの評価が続けば、勤続年数にかかわらず給与が初任給以下になる場合もある。全従業員のうち、何割がC評価をされているかも不明だという。※※※

 本件訴訟では、原告は、解雇予告とともに出社を禁じる「ロックアウト解雇」と呼ばれる手法が違法として損害賠償も求めたが、判決は「会社と対立し機密情報を漏らす恐れがあり、違法性はない」との理由でこれを退けた。


 東京地裁内の会見で、原告代理人の水口洋介弁護士は、「相対評価による解雇が認められないという判断は高く評価できる。アメリカ流解雇自由に対し、日本の解雇乱用法理で歯止めをかけた画期的判決だ」と指摘しました。


○ 以上は、朝日、日経、産経、共同等各紙の記事を参照し、当方の責任でまとめました[労務安全情報センター]




 [編注、コメント]

 業績が上がっていないなど成績の相対評価[結果]は、解雇理由としてどうか?
 東京地裁は、日本的な感覚では、まあ当然すぎる理屈をもって「解雇権濫用」判決を申し渡した訳だが、労働法的には、むしろ、ロックアウト解雇が是認されていることが気になった。しかも、是認理由が「会社と対立し機密情報を漏らす恐れがあり、違法性はない」というのでは、納得し難い。

                                                         


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/546-9978ab87
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.