労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニッポン一億総活躍プラン」の概要

2016.05.18
 ニッポン一億総活躍プラン


 政府は2016.5.18、一億総活躍国民会議を開催し「一億総活躍社会の実現」に向けた政策とその工程表を取りまとめた。
 
 前記プランでは
 「働き方改革」を、一億総活躍社会の実現に向けた横断的課題と位置づけ、3つの目標実現を掲げている


 以下は、「働き方改革」部分から一部を抜粋したもの!!

 2.一億総活躍社会の実現に向けた横断的課題である働き方改革の方向

  最大のチャレンジは働き方改革である
  多様な働き方が可能となるよう、社会の発想や制度を大きく転換しなければならない


(同一労働同一賃金の実現など非正規雇用の待遇改善)

○ 同一労働同一賃金の実現のため、ガイドラインの策定等を通じ、不合理な待遇差として是正すべきものを明らかにする。
○ その是正が円滑に行われるよう、欧州の制度も参考にしつつ、不合理な待遇差に関する司法判断の根拠規定の整備、非正規雇用労働者と正規労働者との待遇差に関する事業者の説明義務の整備などを含め、労働契約法、パートタイム労働法及び労働者派遣法の一括改正等を検討し、関連法案を国会に提出する。
○ これらにより、正規労働者と非正規雇用労働者の賃金差について、欧州諸国に遜色のない水準を目指す。


(長時間労働の是正)

○ 長時間労働の是正のため、法規制の執行を強化する。
○ 長時間労働の背景として、下請けなどの取引条件にも踏み込んで長時間労働を是正する仕組みを構築する。
○ さらに、労使で合意すれば上限なく時間外労働が認められる、いわゆる36(サブロク)協定における時間外労働規制の在り方について、再検討を開始する。
○ 時間外労働時間について、欧州諸国に遜色のない水準を目指す。あわせて、若者の長時間労働の是正を目指し、女性活躍推進法、次世代育成支援対策推進法等の見直しを進める。


(高齢者の就労促進)
 
○ 65 歳以降の継続雇用延長や65 歳までの定年延長を行う企業等に対する支援を実施し、企業への働きかけを行う。
○ また、継続雇用延長や定年延長を実現するための優良事例の横展開、高齢者雇用を支える改正雇用保険法の施行、企業における再就職受入支援や高齢者の就労マッチング支援の強化などを進める。




 [編注、コメント]
 「さらに、労使で合意すれば上限なく時間外労働が認められる、いわゆる36(サブロク)協定における時間外労働規制の在り方について、再検討を開始する。」
 これはぜひとも実現したい事項の一つだ。

 情報源(厚労省):http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ichiokusoukatsuyaku/dai8/gijisidai.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/554-a251ec6d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。