労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

「定年退職後の再雇用の職種として事務職に清掃業務を提示」=継続雇用の実質を欠く

2016.10.18
以下は、2016.9.29共同通信の配信記事。

記事タイトル
 「事務職に清掃業提示は違法 トヨタに賠償命令、高裁

判決概要
 「トヨタ自動車で事務職だった元従業員の男性(63)が、定年退職後の再雇用の職種として清掃業務を提示されたのは不当として、事務職としての地位確認と賃金支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は28日、請求を棄却した一審判決を一部変更し、約120万円の賠償を命じた。地位確認は認めなかった。

 裁判長は判決理由で、全く別の職種の提示は「継続雇用の実質を欠き、通常解雇と新規採用に当たる」と判断。高齢者の継続雇用を巡る裁判で企業の賠償責任が認められるのは異例。

 トヨタ自動車は「主張が認められず残念。今後の対応は判決を精査して判断する」としている。」[共同通信]


[編注、コメント]

 高年齢者雇用安定法の運用面で違法性を問う訴えに対する判決が、徐々に出てくる時期に入ってきたようだ。
 単に、年金支給時期の繰り上げに応じて、65歳までの「継続雇用」が確保されれば、処遇条件は柔軟に対応して可。というのが法の趣旨ではあるが、継続雇用が確保されれば、他はすべて企業の事由に任せる趣旨ではないとする考えの判決である。
 事務職に、清掃業務を提示? 共同通信の配信記事からは事件の背景までは読めませんが、、、。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg





関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/569-0e51a1ff
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.