労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

勤務間インターバル導入「助成金」(平成29年度)

2017.02.17
勤務間インターバル導入「助成金」

制度概要

1 助成金:導入に要した費用の一部を助成!(平成29年度予算実施)

2 対象事業主:労災保険の適用事業主であり、中小企業事業主であること

3 達成すべき目標:「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」の勤務間インターバル制度を導入すること

4 制度導入前と達成目標の設定:勤務間インターバス制度を
(1) 新規導入する場合→9時間以上の制度を、労働者の半数以上に導入する
(2) 9時間以上の制度を「部分」導入済み(対象労働者が半数以下)の事業場→対象労働者を半数以上に拡大する
(3) 9時間未満の制度を「部分」導入済みである事業場→2時間以上延長して9時時間以上の制度にし、労働者の半数以上に導入する

5 目標達成のために必要な取組事項:以下のいずれか1つ以上の実施すること
 ・労務管理担当者に対する研修
 ・労働者に対する研修、周知・啓発
 ・外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など)によるコンサルティング
 ・就業規則・労使協定等の作成・変更(時間外・休日労働に関する規定の 整備など)
 ・労務管理用ソフトウェアの導入・更新
 ・労務管理用機器の導入・更新
 ・その他の勤務間インターバル導入のための機器等の導入・更新
 ※原則としてパソコン、タブレット、スマートフォンは対象となりません。

6 助成費目:事業の実施に要した経費のうち、謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費及び委託費を助成対象の経費とし、その合計額に補助率(3/4)を乗じた額を助成。(ただし次の表の上限額を超える場合は、上限額とします)。
インターバル助成金


助成制度の詳細については、以下のURLを参照してください。
(参考)厚労省制度説明ページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

[編注、コメント]

注目の勤務間インターバル制度導入への助成金制度がスタートする。
制度に関心と興味があり、導入を検討していることが大前提だろうが、そこに、助成金がついてくると考えるなら、使ってみるのも良いかも、、、と思いつつ、結局、この助成金で誰が潤うのかと裏読みしたくなる、思いもある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/580-34155b83
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.