FC2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

平成 30 年度地方労働行政運営方針

2018.04.11
平成 30 年度地方労働行政運営方針

H30.4.2厚労省は、平成30年度地方労働行政運営方針を策定し公表した。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000201842.html

( ↓ 通知文第1ページ、クリックで拡大表示できます)

平成30年度行政運営方針


厚労省は「平成 30 年度地方労働行政」において、大きく次の二つの行政課題」を設定している。

(1)働き方改革の着実な実行や人材投資の強化等を通じた労働環境の整備・生産性の向上
(2)女性、若者、高齢者、障害者等の多様な働き手の参画

さらに、労働基準関係(雇用環境含む。)の重点施策では、

(2) 雇用環境・均等担当部署の重点施策

○ 同一労働同一賃金の実現など非正規労働者の待遇改善、女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランスの推進等の企業の取組を促す。
○ 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法の確実な履行確保を図る。更に、女性活躍推進法、次世代育成支援対策推進法等の推進により、企業の雇用管理改善を促進する。
○ 年次有給休暇の取得促進等を図るとともに、無期転換ルールの周知、学生アルバイトの労働条件の確保に向けた周知・啓発等労働条件の確保・改善対策を行う。

(3) 労働基準担当部署の重点施策

○ 労働基準関係法令に基づく最低限の労働条件の確保に加え、より良い労働条件の実現に向けた行政運営を行う必要がある
○ そのため、引き続き長時間労働の抑制及び過重労働による健康障害防止に係る監督指導等を行い、法定労働条件の遵守徹底のための迅速かつ厳正な対応を行うとともに、雇用環境・均等部(室)とも連携し、労働条件の確保・改善に向けた総合的な施策を推進する。
ことなどを重点に行政を展開するとしている。


[編注、コメント]
この厚労省地方行政運営方針を踏まえつつ、例えば、労働基準行政であれば、各労働局、さらには各労働基準監督署において、管内事情に考慮して具体的な行政運営方針を策定することとなる。
事業場臨検などの具体的計画は、各労働基準監督署の行政運営方針に盛り込まれる



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/626-21e4a5b1
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.