fc2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

雇用調整助成金、申請代行の社労士の連帯責任・罰則解除

2020.05.10
雇用調整助成金の申請をめぐる社労士の責任

 厚労省は、雇用調整助成金の申請を巡り、企業の申請書類に偽りなどがあった場合に社労士にも連帯責任を課す規定を特例的に解除する(2020.4.30)

(注)
※1 小規模事業場では社労士に申請を代行してもらう例が多い。しかし、小規模企業の多くは法定書類を作っておらず、罰則を恐れる社労士が二の足を踏み、申請の壁になっていると言われている。
※2 罰則:書類の偽りや不正行為が発覚した場合、申請した社労士には、(1)連帯債務(2)氏名公表(3)5年間の助成金の申請禁止の罰則がある。


[編注・コメント]
 基本、必要性があって設けられた罰則規定であるから、一時の雰囲気に支配された取扱い変更は、後々に問題を残す恐れなしとしない。
 もっとも、社労士からみて、法定書類すら作っていない小規模企業からの受任は、罰則の存在から二の足を踏んでいるというだけでなく、そもそも、手がかかるケースであることには変わりないことから、この措置(罰則解除)で問題が解決するとは限らないかもしれない。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/670-ecf3510f
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.