fc2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

割増不払いで社長逮捕、台帳偽り証拠隠滅の恐れ

2022.02.24
割増不払いで社長逮捕
台帳偽り証拠隠滅の恐れ
 

労働新聞2022年2月28日付第3342号記事から
記事のタイトル:「割増不払いで社長逮捕 9人合計500万円弱に 台帳偽り証拠隠滅の恐れ 十和田労基署」
記事本文:「青森・十和田労働基準監督署(山脇雅史署長)は、労働者9人の時間外労働に対する割増賃金の一部約500万円を期日に支払わなかったとして、同県東北町の東北みやげ煎餅㈱と㈲エハタの代表取締役社長を兼任する男を労働基準法第37条(割増賃金)違反の疑いで逮捕し、青森地検八戸支部に身柄送検した。(中略)

 同社長は昨年4月1日~10月31日、自身が代表取締役を務める2社で法定の労働時間を超えて働かせた労働者9人に対して、通常賃金に2割5分以上の率を掛けた割増賃金の一部を支払っていなかった疑い。具体的には、食料品製造業の東北みやげ煎餅㈱で7人に対し総額427万円、食料品製造業・菓子卸売小売業の㈲エハタで2人に対し同58万円の不払いがあった。同労基署は両社で最大1カ月73時間の時間外労働を確認している。不払い総額は約486万円で、1人当たりの最高額は117万円だった。

 青森労働局によると、社長の逮捕に至った理由は「証拠隠滅の恐れがあったため」。昨年9月16日、同労基署が労働基準法第101条に基づいて労務管理にかかわる書類提出を求めた際、社長は両社の事務を兼任していた社員に、虚偽の記載をした賃金台帳を提出させたという。このため、社長については同法第120条(虚偽記載の帳簿書類の提出)違反の疑いでも今回送検している。同労基署は同年11月、証拠を押さえるため強制家宅捜索を行い、今年2月8日に社長を逮捕。10日には青森地検八戸支部に身柄送検(以下省略)」(労働新聞2022年2月28日付第3342号記事から)


【編注コメント】

 逮捕の容疑は、虚偽の賃金台帳を提出するなど証拠隠滅の恐れがあったため。従来、労働基準監督署による逮捕は、不出頭を繰り返したというような事案で多かった。「証拠隠滅の恐れ」は、これまで多くはなかったが、基本的逮捕容疑の一つではある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/tb.php/678-7c3e9598
Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.