FC2ブログ

労務安全情報センター[ブログ]

(labor standard 研究所)  労働条件・労働基準の総合サイト「労務安全情報センター」です。
Home労基情報 | 安衛情報 | その他の労働情報 | 特集・労働基準の法律 | 法改正特集 | 送検事例 | 裁判例 | SPOT情報&ニュース | 労働基準REVIEW | お奨め情報 | 図書販売 | 携帯サイト | 書庫1 |  |  |  | 5(旧雑記) 

労働・SPOT情報&ニュース No157

2008.10.06
■連合=「管理監督者の新通達」について、厚生労働省に要請

 連合ホームページ「連合ニュース」は、連合が9月30日、厚生労働省に対し、「管理監督者の新通達」(9月9日付基発第0909001号)について要請を行ったとして、その様子を、次のように伝えています。

 ≪冒頭、古賀事務局長が、金子労働基準局長に要請書を手交し、「9月9日に発出された『多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について』は、これは問題ではないかと大変反響が大きい。管理監督者のハードルが下がってしまうのではないか、との懸念もされている。撤回または再度の発出をお願いしたい」と要請の趣旨を述べた。
 金子労働基準局長は、「通達が誤解されているのは残念。今回の通達は、チェーン店の店長等の長時間労働を適正化する必要があるために発出した。この要素に該当すれば管理監督者としては認められない、という要素を列挙しただけで、基本通達を変えるものではない。指摘も踏まえて、誤解を生んでいる別添の表をつくり変えることをはじめとして必要な対応を鋭意検討しているところである」との見解を示した。≫

[コメント] なるほど。
正確に読めば、 
労務安全情報センター解説⇒ http://labor.tank.jp/k/roudou_qa/29-11.html
のとおりですが、
連合が「使用者側に有利に使われかねないという懸念がある」というのも、分からなくもありません!
なぜ、今、この新通達が必要だったか、理解しにくい(説明不足=説明がない)のが、一番の問題でしょう。

 なお、当該=新通達はこちらで確認できます
 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/09/h0909-2.html


■子の看護休暇だけは男女均衡=取得の傾向に!

 人事院が9月30日、国家公務員の平成19年度育児休業等実態調査結果を公表していますが、その中から1点。
 女性に傾斜し勝ちな育児関係制度の取得の中、≪子の看護休暇を使用した職員は、11,148人(男性5,790人、女性5,358人)で、平均使用日数は3.0日(男性2.6日、女性3.5日)≫とする取りまとめ結果。
--世の男性、育児は女性に任せきり、とも違う世界を少し知りました。
 調査結果の詳細は以下のURLを参照なさってください。
 ⇒ http://www.jinji.go.jp/kisya/0809/ikukyu20.htm

━━━━━━━━
労務安全情報センター
労働・SPOT情報&ニュース
No157
URL  http://labor.tank.jp/
━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト



Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©労務安全情報センター[ブログ] All Rights Reserved.